denmira blog

でんみら(合同会社 日本伝統文化未来考案室)のblogです。
ワークショップ開催のお知らせ、開催報告、その他情報をお届けします。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 永井酒造 永井さんが語るトークイベント「新しい日本酒の未来編」開催延期(時期未定) | main | 七十二候「菜虫化蝶」(なむしちょうとなる)と運気UP術 >>

二十四節気「啓蟄」・七十二候「蟄虫啓戸」と運気UP術

0

    でんみらblogへようこそ!

    伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

     

    今日・3/5(木)〜は、

    二十四節気「啓蟄」七十二候「蟄虫啓戸」(すごもりむしとをひらく)です。

     

     

    「啓蟄」も「蟄虫啓戸」も、

    冬ごもりしていた虫たちが地上へと這い出して来る頃、という意味です。

     

    虫に限らず、土の中にいるものたち全般のことを言うようです。

     

    春の陽気に誘われて…虫や動物、植物の芽たちが土の中からムクムクと。

    何だか賑やかな感じになってきています。

     

    今年はこのご時世で、自宅で過ごす方も多いかと思いますので、ぜひ、近所に広がる自然界に目を向けてみてください。

    春の変化が感じられて気分転換になりますよ!

     

     

    今回のふだんを楽しむ〜七十二候の運気UP術は…、

     

    ◎デトックス

     

    自然界が活発に活動し始めるこの時期は、

    わたしたちも新陳代謝を活発にし、デトックスにぴったりの時期です。


    サプリに頼るよりも、日本人に一番合った方法は「春は苦みを盛れ」


    これが一番。


    山菜に含まれる苦味成分は、身体を芯から目覚めさせてくれる他、

    抗酸化作用のあるポリフェノール類が新陳代謝も促進してくれます。


    ポリフェノールは、活性酸素を除去し老化を遅らせる働きも期待できます。

    また、山菜にはビタミンも豊富なものが多いのも特徴です。

     

    謎が多いウィルスに負けないからだづくりのためにも、

    免疫力を高める「食」も、ふだんと変わらず取り入れていきたいと思います。

     

     

     

     

    ▼ 現在募集中のワークショップ一覧はこちらから ▼

    ワークショップはpeatixにて募集しています。

    現在募集中のワークショップについては、

    こちらのページから一覧でご覧いただけます。

    https://denmira.peatix.com/

     

     

    ▼ ご質問は、でんみらのLINE公式アカウントで ▼

    友だち追加で、ID「@xfy4285z」検索してください。

    (検索するときは、アットマークも入れてください)

    トークで繋がれると、1対1のご質問や雑談などができます。

    ワークショップ当日、迷子になられた際などのご連絡には、

    LINEが迅速に対応できるかと思います。

    http://nav.cx/g9duFvo 

    - | permalink | comments(0) | - | -

    この記事に対するコメント

    コメントする