denmira blog

でんみら(合同会社 日本伝統文化未来考案室)のblogです。
ワークショップ開催のお知らせ、開催報告、その他情報をお届けします。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 七十二候「黄鶯睍察廖覆Δ阿い垢覆)と運気UP術 | main | 七十二候「魚上氷」(うおこおりをいずる)と運気UP術 >>

いちご狩り行きたい気分。

0

    でんみらblogへようこそ!
    伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

     

    この時期。
    いちご狩りに行きたい気分が、何年かに一度やってきちゃいます。


     

    ということで、

    いちごの歴史について紐解いてみます。


    日本にいちごがやってきたのは、江戸時代の末期頃。
    オランダからやってきたんだそうです。

     

    最初は、

    真っ赤な実をつける姿に驚いて、食用より観賞用だったとか。

     

    明治になり、

    『御苑いちご』『御料いちご』として、皇室用の栽培が始まります。


    「とちおとめ」、「あまおう」、「紅ほっぺ」など、聞きなじみのある品種のルーツは、

    明治の時期に、新宿御苑で作り出された「福羽イチゴ」につながるんですって。

     

    いちごがわたしたちの身近になったのは、

    ビニールハウス栽培が盛んになった昭和になってからのこと。

     

    忘れていましたが、確かにそうですね。

     

    この時期に、

    いちごフェスティバル的に食べられるようになったのは、

    実は最近だったんだなぁとしみじみ思い返してみたりしています。

     

    最近のいちご業界のトレンドは、

    深紅のダイヤモンドではないホワイトで甘いいちごなんだそう。

     

    みなさまはどんないちごがすきですか?

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

    JUGEMテーマ:日本の文化

    JUGEMテーマ:伝統文化

    JUGEMテーマ:和の手芸教室

    JUGEMテーマ:着物 きもの

    JUGEMテーマ:暦のこと

    JUGEMテーマ:ぶらり旅

    JUGEMテーマ:風景

    JUGEMテーマ:盆栽

     

    ◆季節の話題(12月〜2月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.denmira.jp/trackback/634
    この記事に対するトラックバック