denmira blog

でんみら(合同会社 日本伝統文化未来考案室)のblogです。
ワークショップ開催のお知らせ、開催報告、その他情報をお届けします。
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 七十二候「水沢腹堅」(みずさわこおりつめる)と運気UPアイテム | main | 二十四節気「立春」・七十二候「東風解凍」と運気UP術 >>

七十二候「鶏始乳」(にわとりはじめてとやにつく)と運気UP術

0

    でんみらblogへようこそ!

    伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

     

    明日・1/30(水)〜は、
    七十二候「鶏始乳」(にわとりはじめてとやにつく)です。

     

     

    春の気配を感じたニワトリたちがたまごを産み始める時期、
    という意味になります。


    現代では、1年中たまごを美味しくいただけますが、
    本来、ニワトリがたまごを産むのは、春〜夏にかけて。

    冬場には、あまり産まないのだそう。

     

    そんなニワトリは「コケコッコー」と鳴く、というのが、
    わたしたち現代日本人の認識ですよね。

    ちなみに世界では、
    「クックアドゥールドゥ」、「ココリコ」、「キケリキー」など、
    国によって鳴き声がだいぶ異なりますね。


    実は、わたしたちが今知っている「コケコッコー」という鳴き声が

    使われ始めたのは、明治時代からで、割と最近のことなんです。

     
    それまでのニワトリの鳴き声は、室町時代以前は、「カケロ」。
    江戸時代では、「トーテンコー」と表現が使われていました。

     

    「トーテンコー」は、漢字で「東天紅」と書きます。

     

    「東の天空が紅く染まる」


    夜明けを知らせるためにニワトリは鳴くということで、
    「東天紅」という字を当て、それを鳴き声としていたんですって。

     

    鳴き声が「トーテンコー」と聞こえるから、という理由ではなかったようです。

     

    「トーテンコー」は、

    江戸時代の国語辞典にも掲載されるほど広まっていた鳴き声で、
    面白い響きのためか、江戸の人々も好んで使っていたようです。


    明治時代になり、尋常小学校の生徒にカタカナを教える言葉として
    考案されたのが、私たちにおなじみ「コケコッコー」でした。

     

    教科書に掲載されたことで浸透したということになります。

     

     

    さて。
     今回のふだんを楽しむ〜七十二候の運気UPのヒントは…

     

    ◎寒卵


    俳句の季語にもなっていますが、
    ニワトリが寒中に生んだたまごは、ほかの季節のものに比べて

    栄養素を多く含むんだそう。


    たまごはタンパク質の他、20種類のアミノ酸も含まれますが、
    中でも、

    卵には「メチオニン」という抗酸化作用を持つ必須アミノ酸が

    今の時期では特に注目です。

     

    メチオニンをもとに体内で作られた抗酸化物質は、
    老廃物の輩出を促し、代謝を高める働きがあります。


    また、卵黄には強い抗酸化作用のある「カロチノイド」という

    物質も含まれていますから、
    今の時期、積極的に取り入れたい食材のひとつですね。

     

     

    JUGEMテーマ:伝統文化

    JUGEMテーマ:和食全般

    JUGEMテーマ:和の手芸教室

    JUGEMテーマ:着物 きもの

    JUGEMテーマ:photo

    JUGEMテーマ:暦のこと

    JUGEMテーマ:ぶらり旅

    JUGEMテーマ:風景

    JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

    JUGEMテーマ:日本の文化

     

    ◆季節の話題(12月〜2月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.denmira.jp/trackback/631
    この記事に対するトラックバック