denmira blog

でんみら(合同会社 日本伝統文化未来考案室)のblogです。
ワークショップ開催のお知らせ、開催報告、その他情報をお届けします。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2019年のご挨拶 | main | 七十二候「水泉動」(しみずあたたかをふくむ)と運気UP術 >>

二十四節気「小寒」・七十二候「芹乃栄」(せりすなわちさかう)と運気UP術

0

    でんみらblogへようこそ!

    伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

     

    今日・1/6〜は、

    二十四節気「小寒」七十二候「芹乃栄」(せりすなわちさかう)です。

     

    小寒からが「寒の入り」となり、

    この日から約30日間が一年でもっとも寒くなる「寒」の時期となります。

     

    とはいえ。

    今冬は暖冬気味でしょうか???

    寒いのが苦手なわたしはありがたい限りですが、
    それでもやっぱり寒いです。。。

     

     

    七十二候の「芹乃栄」(せりすなわちさかう)は、

    空気が冷え澄み切りきって、セリがよく生育する時節という意味で、

    セリは春の七草の一つでもあります。

     

    明日・7日には、

    セリなど七草を入れて炊いた七草粥を食べると万病を防ぐ

    と言われていますね。

     

     

    今ではどちらかというと、

    お正月のハレの食事の胃腸休めの印象が強いですが、

    昔の中国では、七種菜羹(しちしゅさいのかん)を食べることで

    立身出世を願ったそうです。

     

    何かの試験勉強や受験勉強のお夜食にも、

    七草粥はバッチリです。

     

    ・セリ=競り勝つ
    ・ナズナ=汚れを取り除く
    ・ゴギョウ=仏のような体

    ・ハコベラ=繁栄

    ・ホトケノザ=仏がゆったりと座る様子
    ・スズナ=神を呼ぶ鈴
    ・スズシロ=清く白いこと
     

     

    さて。
     今回のふだんを楽しむ〜七十二候の運気UPのヒントは…

    ◎セリ

     

    お雑煮にセリを入れるところもあるようですね。

     

    セリは、もともと日本全国に自生していました。

    奈良時代にはすでに食用とされていたという記録が古事記、

    万葉集にも残っているようです。

    今はスーパーで買うほうが多いと思いますが、

    栽培が盛んなのは宮城県と茨城県で、全国の約6割を作って

    いるんですって。

     

    新年を元気でスタートを切ること。これが一番大事。

     

    そのためには、旬の食材を積極的にからだに取り入れ、

    運気と元気をUPしていきましょう!

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:暦のこと

    JUGEMテーマ:風景

    JUGEMテーマ:伝統文化

    JUGEMテーマ:日本の文化

    JUGEMテーマ:和食全般

    ◆季節の話題(12月〜2月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.denmira.jp/trackback/627
    この記事に対するトラックバック