denmira blog

でんみら(合同会社 日本伝統文化未来考案室)のblogです。
ワークショップ開催のお知らせ、開催報告、その他情報をお届けします。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 七十二候「朔風払葉」(きたかぜこのはをはらう)と運気UP術 | main | 2019年のご挨拶 >>

七十二候「熊蟄穴」(くまあなにこもる)と運気UP術

0

    でんみらblogへようこそ!

    伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

     

    明日・12/12(水)〜は、七十二候「熊蟄穴」(くまあなにこもる)です。

     


    秋の間に栄養を蓄えた熊たちが、そろそろ冬ごもりを始める頃という意味です。

    暖かい日が続いていた今年の12月でしたが、先週末からぐっと冷え込んできました。

    あまりの急な寒さに、身体がまったくついていけず、ちょっと辛い思いをしている方も多いのでは?

     


    こんな時に恋しいのは、やっぱりアツアツなお鍋。

    フーフー、ハフハフと温まりたいですよね。


    鍋物のルーツは、縄文時代にまでさかのぼります。

    竪穴式住居には囲炉があり、皆で囲んで食べる習慣がありました。


    時代は移り、

    座敷に七輪や鍋を持ち出して、庶民が今のような形で鍋物を楽しみ始めたのは、江戸時代になってから。

    おでんやちり鍋などが広く普及し始めたのも、江戸末期の頃なんですって。

    江戸の料理本「料理物語」(1643年)には、

    煮物の部に「なべ焼、みそ汁にてなべにて其まま煮候也。たい、ぼら、こち、何にても取あはせ候」と出てきます。
     

    魚や野菜などをみそで煮込み鍋ごと食卓に出すことで、出来立てのアツアツを食べられること、

    そして、大勢でひとつの鍋を囲む楽しさがウケて、大ブームになったんですって。

     


    さて。
     今回のふだんを楽しむ〜七十二候の運気UPのヒントは…

    ◎ねぎま鍋

     

    鍋 × 江戸料理 といえば、ねぎま鍋ではないでしょうか。

     

    簡単&ヘルシーですし、マグロの栄養をたっぷりと取ることができますよ。

     

    いま私たちの食べている食のルーツが江戸時代なんです。

    江戸時代の料理は、引き算の料理が多いので、忙しいわたしたちの食卓にもピッタリです。

    ぜひ江戸ごはんを実践してみてください。

     

    マグロの赤身には貧血を予防する鉄分、アンチエイジングにも効果的なビタミンEなどが。
    また、トロの部分にはカルシウムの吸収をサポートするビタミンDの他、脳梗塞や心筋梗塞、認知症を予防してくれるEPA、DHAが含まれます。

     

    レシピ出展: 

    キッコーマン http://www.kikkoman.co.jp/homecook/search/recipe/00004284/index.html

    NHK「みんなのきょうの料理」:https://www.kyounoryouri.jp/search/recipe?keyword=%E3%81%AD%E3%81%8E%E3%81%BE%E9%8D%8B

     

     

     

    JUGEMテーマ:暦のこと

    JUGEMテーマ:和食全般

    JUGEMテーマ:伝統文化

    JUGEMテーマ:日本の文化

    JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

    JUGEMテーマ:着物 きもの

     

    ◆季節の話題(12月〜2月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.denmira.jp/trackback/625
    この記事に対するトラックバック