denmira blog

でんみら(合同会社 日本伝統文化未来考案室)のblogです。
ワークショップ開催のお知らせ、開催報告、その他情報をお届けします。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 七十二候「鶺鴒鳴」(せきれいなく)と運気UP術。 | main | 七十二候「水始涸」(みずはじめてかるる)と運気UP術 >>

運気UPする月のパワーの温泉活用術

0

    でんみらblogへようこそ!

    伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

     

    今年の中秋の名月(十五夜)は、昨日の9/24(月)でしたね。

     

     

    十五夜は、中秋の名月の通称で、旧暦の8/15の月をさします。

     

    中秋とは秋の真ん中という意味です。

    旧暦では7月〜9月が秋となるので、秋の真ん中である8/15の

    十五夜に月を愛でる風習が中秋の名月になります。

     

    夕方。

    わたしは大きくてきれいな月を見ることができましたが、

    みなさんはいかがだったでしょうか?

     

    昨日の十五夜を見た方は、十三夜(今年は10/21)の月も眺めて、

    片見月にならないようにしてくださいね。

     

     

    さて、今日は満月です。

    月のパワーは、人間のからだとこころにもさまざまに影響を与える

    と言われていますが、温泉と掛け合わせることで、もっと綺麗に

    なれる、と温泉ソムリエでもあるわたしは感じています。

     

    月のパワーと温泉の効果の掛け合わせで選ぶ温泉の泉質について、

    ご紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

     

    ◎満月:「目標達成」「吸収」

    おなかが減りやすくなり暴飲暴食には注意が必要な時。

    この時期選びたい泉質は、単純温泉、放射能泉です。
    単純温泉は赤ちゃんから入れる優しい泉質の温泉ですが、

    放射能泉は免疫力アップやホルモンバランスを整えるとも

    いわれ、幸せホルモンをUPしたいタイミングにピッタリの

    泉質です。

     

     

    ◎下弦の月:「デトックス」「断捨離」

    からだの内側からきれいにすることを心がけたい時。
    この時期選びたい泉質は、硫黄泉、二酸化炭素泉です。
    血行や代謝UPに欠かせない、硫黄泉や二酸化炭素泉で

    デトックスするのによいタイミングです。

     

    ◎新月:「リセット」「再生」

    からだの水分量が減るタイミングのとき。

    この時期に選びたい泉質は、炭酸水素塩泉、

    酸性泉、含ヨウ素泉です。炭酸水素塩泉系のお湯は

    「美肌の湯」と言われる温泉に多い泉質で、酸性泉には

    お肌のピーリング効果も。

    また、含ヨウ素泉は、美髪効果も期待できますよ。

     

    ◎上弦の月:「満ちていく」「補給」

    ポジティブな気分になれる時期。
    この時期選びたい泉質は、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉です。
    夏の冷房で冷え性気味の方には保温効果が期待できる塩化物泉

    を選んでみて。また、硫酸塩泉はお肌を潤してくれるので、

    この時期ならより効果を実感できそう。女子力をからだの中

    からUPしたいときは、含鉄泉で鉄分補給するのがオススメです。

     

     

    温泉選びの参考にしみてくださいね。

     

    ご質問やご不明点は、でんみらのLINE@で受け付けています。


    ▼ でんみらのLINE@ ▼
    友だち追加で、ID「@xfy4285z」検索してください。(検索するときは、アットマークも入れてください)
    トークで繋がれると、1対1のご質問や雑談などができます。
    ワークショップ当日、迷子になられた際などのご連絡には、LINE@が迅速に対応できるかと思います。

    https://line.me/R/ti/p/%40xfy4285z

     

     

    JUGEMテーマ:伝統文化

    JUGEMテーマ:ぶらり旅

    JUGEMテーマ:日本の文化

    JUGEMテーマ:暦のこと

    ◆季節の話題(9〜11月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.denmira.jp/trackback/610
    この記事に対するトラックバック