denmira blog

でんみら(合同会社 日本伝統文化未来考案室)のblogです。
ワークショップ開催のお知らせ、開催報告、その他情報をお届けします。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 二十四節気「小満」、 七十二候「蚕起食桑」と運気UPアイテム | main | 水引の魅力にどっぷりハマる3つのワークショップ。 >>

七十二候「紅花栄」(べにばなさかう)と運気UPアイテム

0

    でんみらblogへようこそ!

    伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

     

    今日・5/26(土)からは、七十二候「紅花栄」(べにばなさかう)です。

     

     

    「紅花栄」(べにばなさかう)とは、
    紅花が赤と黄色が鮮やかな花を咲かせる頃という意味です。

     

    紅花は古来から、口紅や染料となったり、生薬となったり、

    食用油などに使われてきました。

     

    今では山形県の最上川周辺地域が、紅花の一大産地ですが、
    原産はエジプトで、6世紀末〜 7世紀の初めに日本に伝わってきた

    といわれています。

     

    江戸時代頃からは、

    染料を取ることができる植物として用いられるようになり、

    「最上ベニバナ」は、徳島県の「阿波の藍」と並び、

    江戸時代の二大染料として名を知られていたそうです。

     

     

    さて、

    今回のふだんを楽しむ〜七十二候の運気UPアイテムは…  

     

    ◎ぬるめの入浴

     

    この時期は、疲労を感じやすい頃なんです。

     

    五月病なんて言葉もありますが、

    新年度がスタートして新しい生活や環境、 人間関係などなど、

    ひと段落してきた頃で、 ふっと気が抜けるタイミングでもあります。

     

    朝、起きる時がつらい…

    身体が重だるい…

    小満の頃に現れやすいサインとも言われます。

     

    疲れたときこそ時間を惜しまず湯船につかる、

    副交感神経に働きかけリラックス効果もあるぬるめの入浴で、

    疲れをこまめにリセットしましょう。

     

     

     

     

     

    6月のワークショップ・スケジュールはコチラ

    ⇒ http://blog.denmira.jp/?eid=585

     

     

    ご質問やご不明点は、でんみらのLINE@で受け付けています。

     

    ▼ でんみらのLINE@ ▼

    友だち追加で、ID「@xfy4285z」検索してください。

    (検索するときは、アットマークも入れてください)

    トークで繋がれると、1対1のご質問や雑談などができます。

    ワークショップ当日、迷子になられた際などのご連絡には、

    LINE@が迅速に対応できるかと思います。

     

    https://line.me/R/ti/p/%40xfy4285z

     

     

    JUGEMテーマ:暦のこと

    JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

    JUGEMテーマ:日本の文化

    ◆季節の話題(3〜5月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.denmira.jp/trackback/588
    この記事に対するトラックバック