denmira blog

でんみら(合同会社 日本伝統文化未来考案室)のblogです。
ワークショップ開催のお知らせ、開催報告、その他情報をお届けします。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 漫画家 石井さだよし先生も来場!1/22(金)1dayスペシャル企画『大江戸どんぶり繁盛記』刊行記念講座 | main | 冬の土用。 >>

キモノのツボ 〜13〜着物12ヶ月の着こなし 【1月編】

0
    でんみらblogへようこそ!

    こんにちは!
    着物アドバイザー坪井梨絵子です。

    ごあいさつが遅くなりましたが、
    今年もどうぞよろしくお願いします。

    お正月はいかがお過ごしでしたか?

    私はおせち毎年作っているので、
    年末年始が年間で一番の修羅場です。

    体力的にとにかくハードである代わりに、
    うまくいったときの達成感もひとしおですね。

    さて、
    お正月に着物を着る方も一時期より増えてきていて、
    実に喜ばしいですね。

    特に若い方の
    「いつもよりちょっと張り切ってオシャレしてみました」
    という感じの華やかな小紋なんか、
    思わずついて行きたくなってしまう可愛らしさです。

    来年はさらに着物姿がふえているといいな・・・。
     


    写真は渋い緑の紬の着物にアンティークの染め帯
    グレーがかった紫地に細かい縞柄の羽織です。

    私にとっては
    華やかなアンティーク着物をなぜか一番着たくなるのが1月上旬。

    中旬から2月にかけては逆に渋くて落ち着いたものを着たくなります。

    イメージは下級武士のご家庭(?)。

    冬の寒さに耐え忍ぶ時期だから、
    何となくつつましやかなコーディネートになるのでしょうか・・・。

    とはいえ、
    うっかり老け込んでしまわないように、
    どこかしらに少し派手な色を使うようにしています。

    写真の場合は帯がそれにあたりますね。

    そうそう、
    このブログでは今回初めて羽織が登場です。

    晩秋から春先の私は羽織三昧なのであります。

    防寒といえば道行や道中着などのコート類ばかりで、
    誰も羽織を着ない時代もありましたが、
    アンティーク着物の流行もあって今ではすっかり息を吹き返しました。

    コートは帯が隠れるし室内では脱ぎますので、
    コーディネートが楽という利点があります。

    でもやっぱり私は
    帯を含めてあれこれ色合わせに悩める羽織が大好きなのです。

    一口に羽織と言っても
    木綿やウール、紬地、小紋柄、絵羽や紋付などなど様々あって
    迷いますが、
    基本的には着物と同格のものを合わせればまあ間違いないでしょう。

    そして洋服に例えればジャケットに相当するので、
    室内で着ていられる点もポイント高いですよ。

    なぜならたとえ帯結びを失敗してもバレないからです。

    さらに、
    「どうしても気に入って買ってしまったけれど、
    お太鼓部分に目立つシミや傷がある」・・・なんていう帯も、
    羽織があれば活躍できるのです。

    せっかくおしゃれするなら楽とか無難ということで決めずに、
    「どうしたら可愛い(綺麗)か」を
    楽しく悩みたいものです。

    難しそうなんて思わずに、
    ぜひ羽織も選択肢の一つに加えてみてくださいね。

    1点だけ気をつけてほしいのが、
    中古で手に入れる場合は長さを確認するのを忘れないこと。

    羽織の丈はまちまちで、
    特に
    戦後〜80年代に作られた羽織は短いものが多いのです。

    今回の写真で使用した羽織も、若干短めです。

    ひざ辺りまでは丈があった方がバランスいいのではないかと
    個人的に思いますが、これも好みや流行がありますからね。

    羽織ってみて
    自分に合っていると思った羽織丈を覚えておくといいですね。


    **********************************
    坪井 梨絵子(ツボイ リエコ)
    着物アドバイザー
    イラストレーター
    日本伝統文化コーディネーター
    **********************************




    人気ブログランキングへ
     
    登録しました。応援お願いします!

    ★過去開催のワークショップ★ 
    ・浪曲プリンス東家一太郎の新・浪曲入門 
    ・厄除けを願う 季節の和菓子手作り体験 
    ・江戸より続く伝統工芸 うちわ作り体験 
    ・魂躍らす笛太鼓 江戸祭囃子体験 
    ・江戸時代主流の角行灯作り体験 
    ・江戸更紗テーブルセンター染色体験 
    ・伝統の手前味噌づくり体験 
    ・豆盆栽で手のひらの創造美体験 
    ・「苔が織りなす日本の盆景美を堪能」苔庭づくり 
    ・つまみ細工で和のアクセサリー製作体験 
    ・漆の器に桜の蒔絵をデザインしよう 
    ・まぁるい盆栽を愛でる!?苔玉づくり 
    ・老舗御菓子司に習う季節折々の和菓子作りVol.1 
    ・老舗御菓子司に習う季節折々の和菓子作りVol.2 
    ・老舗御菓子司に習う季節折々の和菓子作りVol.3
    ・狂言が10倍解る!楽しめる!キホン講座とKyogen Lounge観賞
    〜竹に親しむ。竹を楽しむ〜 竹細工体験講座 
    ・錦秋の古民家で味わう茶菓御膳の宴 
    江戸に花咲く香文化〜伝説の伽羅「聞香」体験〜
    ・「春の訪れを楽しむ♪ 職人に習う和スイーツ作りと茶話会」の旅☆
    ・江戸ゆかりの人々と菓子〜武家の菓子・庶民の菓子〜
    ・江戸の和紙文化〜粋を漉く、手漉き和紙技術体験〜
    ・江戸に広まる食文化〜世界が認めた健康食、江戸料理試食体験〜
    ・江戸の灯り〜和の心と技に触れる、手作り行燈体験〜
     
    茶園主が手ほどきする、おいしい日本茶と丁寧な時間をつくる旅【前編】
    ・厄除・招福を願い、職人に習う四季折々の和菓子作りの旅
    ・茶園主が手ほどきする、おいしい日本茶と丁寧な時間をつくる旅【後編】
    ・【日本橋 街大學】にっぽんの涼学 花火と夏のいい関係を探るクラス
     
    ・【日本橋 街大學】にっぽんの涼学 世界でいちばん金魚と仲良くなれるクラス
    ・【日本橋 街大學】にっぽんの食学 〜世界が認めた健康食・江戸料理の知恵と美味しさを学ぶクラス〜


     
    JUGEMテーマ:伝統文化
    JUGEMテーマ:着物 きもの
    JUGEMテーマ:日本の文化
    ◆キモノのツボ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.denmira.jp/trackback/357
    この記事に対するトラックバック