denmira blog

でんみら(合同会社 日本伝統文化未来考案室)のblogです。
ワークショップ開催のお知らせ、開催報告、その他情報をお届けします。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 期間限定!「朝食茶屋」が浅草神社オープン★ | main | 2016年「三社祭」の日程発表★ >>

キモノのツボ 〜11〜着物12ヶ月の着こなし 【11月編】

0
    でんみらblogへようこそ!
    こんにちは!
    着物アドバイザー坪井梨絵子です。

    関東もいよいよ紅葉の時期という感じですね。
    先日旅行した会津地方は、
    10月半ばでもうすっかり山が色づいていました。

    さて、11月は空気が「涼しい」→「寒い」に変わりますので、
    なんとなく温かみのある色を選びたくなります。

    赤・橙・山吹色など。それにもいいですね。

    同じピンクにしても青味がかった爽やかなピンクよりは、
    オレンジ寄りのサーモンピンクや少しグレーの混じった柔らかい色味
    がこの季節に合うのではないでしょうか。


      
    画像は、落ち着いた色の縞柄の紬に山茶花(さざんか)の帯です。

    着物の縞には赤・黄・緑、と何色か使われているのですが、
    縦糸が黒に近い茶の一色のみなので色同士がよくなじんで
    縞柄特有の強い主張もなく、この時期によく着たくなります。

    帯には晩秋の花(山茶花)が描かれていますが、
    生地が塩瀬(単衣の時期にもよく合わせる)なのでさらりとしています。

    このような濃色の紬は暗い印象になりがちですが、
    塩瀬のサラサラ感が良い仕事をしてくれて、重くなりすぎないのです。
    (逆に天気が悪い日なんかは同じ紬の着物でも、厚地の紬帯を
    持ってきて、より暖かさを出したくなりますけどね。)

    着物と帯の色がかなり違いますので、
    帯揚げは着物と帯の両方にある色味を取って、茶系にしています。

    そして帯締めは紫にしてみました。

    縁(ふち)の部分に辛子色が入っているので浮かないのですね。
    多色使いの帯締めは難しいように見えて、
    案外使い勝手が良いのです。

    ところでこの季節、
    紅葉(こうよう)をイメージしてコーディネートする
    ことも多いのですが、私の場合、
    同じ紅葉でも出かける先によってメインの色を変える
    ことがあります。

    まず一つは、イメージ通り紅葉の色の着物を選ぶパターン。
    街(都市部)へ出かけるとき、つまり周りに紅葉した木々が少ない場合
    は、着物に秋色を使います。
    ビルの色というと黒・グレー・ベージュ・白が多いので、
    これがまた綺麗に映えるのですよ。

    逆に全く別の色を選ぶパターンもあります。

    神社仏閣や庭園など自然豊かな場所に出かけるとき。
    周りが紅葉しているので、この場合は紅葉に合う色を選びます。

    抹茶色や小豆色に紺色、クリーム色なんかもいいですね。
    黒もかっこいいかも。
    そして帯揚げや小物にちょいと秋色を差します。

    着物が紅葉色だと
    風景に溶け込みすぎて目立たなくなってしまうのですよね。

    いえ、別に目立つ必要はないのですが、
    保護色のようになるのは避けたいな〜と思うわけです。

    マニアックなことをだいぶ書き連ねましたが、
    これはあくまで
    「紅葉がテーマの場合の個人的なこだわり」の話でして、
    別に決まりでもなんでもないですからね、念のため。

    でも季節やシチュエーションによって
    こういった「自分ルール」を作ると、
    これはこれで着物選びが楽しくなるのです。

    **********************************
       坪井 梨絵子(ツボイ リエコ)
       着物アドバイザー
       イラストレーター
       日本伝統文化コーディネーター
    **********************************







    人気ブログランキングへ
     
    登録しました。応援お願いします! 

    ★過去開催のワークショップ★ 
    ・浪曲プリンス東家一太郎の新・浪曲入門 
    ・厄除けを願う 季節の和菓子手作り体験 
    ・江戸より続く伝統工芸 うちわ作り体験 
    ・魂躍らす笛太鼓 江戸祭囃子体験 
    ・江戸時代主流の角行灯作り体験 
    ・江戸更紗テーブルセンター染色体験 
    ・伝統の手前味噌づくり体験 
    ・豆盆栽で手のひらの創造美体験 
    ・「苔が織りなす日本の盆景美を堪能」苔庭づくり 
    ・つまみ細工で和のアクセサリー製作体験 
    ・漆の器に桜の蒔絵をデザインしよう 
    ・まぁるい盆栽を愛でる!?苔玉づくり 
    ・老舗御菓子司に習う季節折々の和菓子作りVol.1 
    ・老舗御菓子司に習う季節折々の和菓子作りVol.2 
    ・老舗御菓子司に習う季節折々の和菓子作りVol.3
    ・狂言が10倍解る!楽しめる!キホン講座とKyogen Lounge観賞
    〜竹に親しむ。竹を楽しむ〜 竹細工体験講座 
    ・錦秋の古民家で味わう茶菓御膳の宴 
    江戸に花咲く香文化〜伝説の伽羅「聞香」体験〜
    ・「春の訪れを楽しむ♪ 職人に習う和スイーツ作りと茶話会」の旅☆
    ・江戸ゆかりの人々と菓子〜武家の菓子・庶民の菓子〜
    ・江戸の和紙文化〜粋を漉く、手漉き和紙技術体験〜
    ・江戸に広まる食文化〜世界が認めた健康食、江戸料理試食体験〜
    ・江戸の灯り〜和の心と技に触れる、手作り行燈体験〜
     
    茶園主が手ほどきする、おいしい日本茶と丁寧な時間をつくる旅【前編】
    ・厄除・招福を願い、職人に習う四季折々の和菓子作りの旅
    ・茶園主が手ほどきする、おいしい日本茶と丁寧な時間をつくる旅【後編】
    ・【日本橋 街大學】にっぽんの涼学 花火と夏のいい関係を探るクラス
     
    ・【日本橋 街大學】にっぽんの涼学 世界でいちばん金魚と仲良くなれるクラス
    ・【日本橋 街大學】にっぽんの食学 〜世界が認めた健康食・江戸料理の知恵と美味しさを学ぶクラス〜

     
    JUGEMテーマ:伝統文化
    JUGEMテーマ:日本の文化
    JUGEMテーマ:着物 きもの
    ◆キモノのツボ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.denmira.jp/trackback/345
    この記事に対するトラックバック