denmira blog

でんみら(合同会社 日本伝統文化未来考案室)のblogです。
ワークショップ開催のお知らせ、開催報告、その他情報をお届けします。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< でんみらInstagramフォロワー増えてます! | main | 10/25(日)1day江戸料理体験&試食交流会のメニューが決定☆ >>

キモノのツボ 〜10〜着物12ヶ月の着こなし 【10月編】

0
    でんみらblogへようこそ!
    こんにちは!
    着物アドバイザー坪井梨絵子です。

    今年は秋の訪れが早いですね。
    夏の異常な暑さは幻だったかと思うほどです。
     
    さて、季節の着こなし10月編です。
    10月は暦の上では袷ですが、
    だいたい前半まではまだ単衣でもいいと思います。

    今年は涼しいのですぐに袷でもいいのですが、
    例年はまだまだ暑いですからね。

    盛夏の薄物と違って単衣と袷の違いは裏地の有無だけ。
    表地の素材は変わりません。
    ですので、
    それほど厳格に考えず、その日の気候で調整しましょう。
     
    同じ単衣でも、できれば初夏とは差をつけたいですね。
    夏の名残がある9月とも違いますから、
    落ち着いた暖色を選ぶと秋らしさが出てきます。

    地方によってはもう紅葉も始まっていますし、
    寒々しくなるのは避けたいところ。
    帯を紬のものにしたり、
    さらりとした質感のものであれば
    赤やオレンジの色味が入ったものを選ぶなどして、
    秋の単衣を楽しみましょう。
     
    涼しくなってきたら袷に切り替えますが、
    袷は
    逆にややすっきりしたコーディネートが私好みです。

    ぬくもりのある色や質感でまとめるのは
    11月にとっておきたいように思うので。
    といっても春夏ではないので、
    寒々しく見えないように小物を暖色系にしたりと、工夫したいですね。
     

      
    さて、10月はすっきり・・・と言った舌の根も乾かぬうちに、
    思い切り秋色の着物です。
    これは何かといいますと、
    ハロウィンをイメージしております。

    着物だからと言って、
    和のイベントにしか似合わないだなんて誰も言っていませんからね。

    「その時は気に入って買ったけど、改めて見たらちょっとキツすぎた
    朱色」の着物がこんなところで生かせました。

    イベントファッションなら
    派手だったり多少セオリーから外れたりしても問題ないでしょう。

    帯を変わり結びにしたり、
    帯揚げをもっと見せたりしてもいいと思いますよ。
    帯締めも紫にしましたが、
    赤ピンクなどのどぎつい色にしてもよいかもしれません。

    何か言われたら、
    「ハロウィンですから。」でいいんじゃないでしょうか。
     
    **********************************
    坪井 梨絵子(ツボイ リエコ)
    着物アドバイザー
    イラストレーター
    日本伝統文化コーディネーター
    **********************************
     



    人気ブログランキングへ
    ↑ 
    登録しました。応援お願いします! 


    ★過去開催のワークショップ★ 
    ・浪曲プリンス東家一太郎の新・浪曲入門 
    ・厄除けを願う 季節の和菓子手作り体験 
    ・江戸より続く伝統工芸 うちわ作り体験 
    ・魂躍らす笛太鼓 江戸祭囃子体験 
    ・江戸時代主流の角行灯作り体験 
    ・江戸更紗テーブルセンター染色体験 
    ・伝統の手前味噌づくり体験 
    ・豆盆栽で手のひらの創造美体験 
    ・「苔が織りなす日本の盆景美を堪能」苔庭づくり 
    ・つまみ細工で和のアクセサリー製作体験 
    ・漆の器に桜の蒔絵をデザインしよう 
    ・まぁるい盆栽を愛でる!?苔玉づくり 
    ・老舗御菓子司に習う季節折々の和菓子作りVol.1 
    ・老舗御菓子司に習う季節折々の和菓子作りVol.2 
    ・老舗御菓子司に習う季節折々の和菓子作りVol.3
    ・狂言が10倍解る!楽しめる!キホン講座とKyogen Lounge観賞
    ・〜竹に親しむ。竹を楽しむ〜 竹細工体験講座 
    ・錦秋の古民家で味わう茶菓御膳の宴 
    ・江戸に花咲く香文化〜伝説の伽羅「聞香」体験〜
    ・「春の訪れを楽しむ♪ 職人に習う和スイーツ作りと茶話会」の旅☆
    ・江戸ゆかりの人々と菓子〜武家の菓子・庶民の菓子〜
    ・江戸の和紙文化〜粋を漉く、手漉き和紙技術体験〜
    ・江戸に広まる食文化〜世界が認めた健康食、江戸料理試食体験〜
    ・江戸の灯り〜和の心と技に触れる、手作り行燈体験〜 
    ・茶園主が手ほどきする、おいしい日本茶と丁寧な時間をつくる旅【前編】
    ・厄除・招福を願い、職人に習う四季折々の和菓子作りの旅
    ・茶園主が手ほどきする、おいしい日本茶と丁寧な時間をつくる旅【後編】
    ・【日本橋 街大學】にっぽんの涼学 花火と夏のいい関係を探るクラス 
    ・【日本橋 街大學】にっぽんの涼学 世界でいちばん金魚と仲良くなれるクラス

     
    JUGEMテーマ:日本の文化
    JUGEMテーマ:伝統文化
    JUGEMテーマ:着物 きもの
    ◆キモノのツボ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.denmira.jp/trackback/325
    この記事に対するトラックバック