denmira blog

でんみら(合同会社 日本伝統文化未来考案室)のblogです。
ワークショップ開催のお知らせ、開催報告、その他情報をお届けします。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< でんみらのデザインとネーミング。 | main | 打ち水。 >>

キモノのツボ〜8〜着物12ヶ月の着こなし 【8月編】

0
    でんみらblogへようこそ!

    こんにちは!着物アドバイザーの坪井梨絵子です。

    先日、初めて熱中症のような症状を経験しました。

    水は飲んでいたのですが、どうも塩分が足りなかったようです。
    朝晩がだいぶ涼しくなったとはいえ、皆さんもお気を付け下さいね。

    さて、7月には絽の着物を取り上げましたので、
    8月は浴衣について書こうと思います。

    前回のビギナー講座で、普段着浴衣についてすでに書いていますが、
    今回はもう少し具体的に

    イベントファッションではなく普段着として着るなら
    極端に安い物は避けた方がいいと思います。

    ペラペラした生地の上に柄がペタッとプリントしてあり、
    洋服に例えるならば、パーティーグッズに近い印象
    のものが多いです。

    もちろん全ての安い浴衣にあてはまるものではないですし、
    案外着こなせてしまう方もいますから、
    ご自分で見た感じで判断してくださいね。

    私も学生時代、
    某百円ショップのキャミソールなど着ていたことがありますし。
    (でも不思議なもので、
    加齢とともに安物が似合わなくなってくるのですね・・・おそろしい)

    逆に夏祭りなどイベント用であれば、
    お手頃浴衣を何枚か持っていると
    違ったコーディネートが楽しめて、
    むしろお勧めですよ。

    それから、
    少しきちんとした雰囲気を出したいときに便利なのが
    衿芯です。

    どうするのかと言いますと、
    浴衣の衿にじかに差し込むんです。

    普通の仕立てであれ共衿内側の縫い目を少しほどき、
    激安品は縫い目がなかったりするので布地をちょっぴり切り開きます。
     


    そして衿芯をIN。
    そうすると衿の形が綺麗に決まるんですよ。

    使う衿芯は安物の薄いタイプにしてください。
    高級品はしっかりしすぎていて、
    浴衣や普段着に使うと衿だけ気合の入った形になってしまい、
    大変不自然です。

    畳んだ紙でもいいくらいです。

    ただ、普段着としては便利な技ですが、
    夏祭りや花火などでは私は使わないですね。

    湯上りにくつろぎ着で花火を楽しむ
    という原型を考えると、
    やはり肩の力を抜いた着こなしが粋かなあ、
    と思ってしまうもので。

    あくまでこれは個人のこだわりですからね、念のため。

    それと、
    お祭りじゃない時に裸足はちょっと・・・という方には、
    レース足袋がなかなかお勧めです。

    レースのフットカバーが足袋型になったようなもので、
    暑苦しくなくていいですよ。

    もちろん普通の木綿の足袋でも大丈夫ですので、
    お持ちの浴衣や帯に合う方を選んでください。

    足袋を履く場合、
    つるつるした下駄は滑る場合があるので、
    事前に試してからお出かけしてくださいね。


      
    1枚目はお祭り用2枚目が日常用つもり
    合わせたものです。

    帯の色を変え、2枚目には衿芯を入れています。

    それだけでも何となく、
    1枚目は団扇(うちわ)で
    2枚目は扇子が似合いそうな感じがしませんか?
    (強引ですかね)

    普段着として浴衣を着るなら
    着物を着るのと同じ感覚で色を決める
    「あら、これからお祭りに行くの?」
    と聞かれることがなくなります。

    もちろん、1枚目だって間違ったコーディネートではありませんから、
    こちらの色合わせがお好みの方は堂々と着てくださいね。

    せっかくの浴衣、夏の終わりまで活躍させてあげましょう。

    **********************************
    坪井 梨絵子(ツボイ リエコ)
    着物アドバイザー
    イラストレーター
    日本伝統文化コーディネーター
    **********************************





    人気ブログランキングへ
     
    登録しました。応援お願いします! 


    ★過去開催のワークショップ★ 
    ・浪曲プリンス東家一太郎の新・浪曲入門 
    ・厄除けを願う 季節の和菓子手作り体験 
    ・江戸より続く伝統工芸 うちわ作り体験 
    ・魂躍らす笛太鼓 江戸祭囃子体験 
    ・江戸時代主流の角行灯作り体験 
    ・江戸更紗テーブルセンター染色体験 
    ・伝統の手前味噌づくり体験 
    ・豆盆栽で手のひらの創造美体験 
    ・「苔が織りなす日本の盆景美を堪能」苔庭づくり 
    ・つまみ細工で和のアクセサリー製作体験 
    ・漆の器に桜の蒔絵をデザインしよう 
    ・まぁるい盆栽を愛でる!?苔玉づくり 
    ・老舗御菓子司に習う季節折々の和菓子作りVol.1 
    ・老舗御菓子司に習う季節折々の和菓子作りVol.2 
    ・老舗御菓子司に習う季節折々の和菓子作りVol.3 
    ・狂言が10倍解る!楽しめる!キホン講座とKyogen Lounge観賞 
    〜竹に親しむ。竹を楽しむ〜 竹細工体験講座 
    ・錦秋の古民家で味わう茶菓御膳の宴 
    江戸に花咲く香文化〜伝説の伽羅「聞香」体験〜 
    ・「春の訪れを楽しむ♪ 職人に習う和スイーツ作りと茶話会」の旅☆ 
    ・江戸ゆかりの人々と菓子〜武家の菓子・庶民の菓子〜 
    ・江戸の和紙文化〜粋を漉く、手漉き和紙技術体験〜 
    ・江戸に広まる食文化〜世界が認めた健康食、江戸料理試食体験〜 
    ・江戸の灯り〜和の心と技に触れる、手作り行燈体験〜
     
    茶園主が手ほどきする、おいしい日本茶と丁寧な時間をつくる旅【前編】 
    ・厄除・招福を願い、職人に習う四季折々の和菓子作りの旅 
    ・茶園主が手ほどきする、おいしい日本茶と丁寧な時間をつくる旅【後編】 
    ・【日本橋 街大學】にっぽんの涼学 花火と夏のいい関係を探るクラス
     
    ・【日本橋 街大學】にっぽんの涼学 世界でいちばん金魚と仲良くなれるクラス
     
    JUGEMテーマ:伝統文化
    JUGEMテーマ:地元の祭り
    JUGEMテーマ:日本の文化
    JUGEMテーマ:花火大会
    JUGEMテーマ:着物 きもの
    ◆キモノのツボ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    この記事に対するトラックバック