denmira blog

でんみら(合同会社 日本伝統文化未来考案室)のblogです。
ワークショップ開催のお知らせ、開催報告、その他情報をお届けします。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

裏千家茶道部バンコク支社

0

    でんみらblogへようこそ!

    バンコク在住・伝統文化コーディネーターのちひろです。

     

    私事で恐縮ですが、今月バンコクで第二子を出産します。

    そのため、会社の仕事を含め、色々な活動を産休に向けて

    収束させていますが、「裏千家茶道」もそのひとつ。

    今月から年内いっぱい休み。来年の初釜から復帰するつもりです。

     

    タイで茶道?できるの?とお思いかもしれませんが実は、裏千家

    茶道はタイで発会してから四半世紀の歴史があります。

    道場には茶室は元より、素晴らしいお道具の数々も揃っている

    ので、日本と遜色ないお稽古が出来て、とてもありがたいです。

     

    また、茶道具に関しても「宋胡禄(スンコロク)」と呼ばれる

    タイ産の焼きものが、桃山時代から江戸時代にかけて輸入され、

    茶人に珍重されてきました。スワンカローク地方の窯で焼かれて

    いるものなので、縮まってスンコロクと呼ばれているそうですが

    タイと日本の茶道には、長い歴史があるのです。

     

    今日は、そんな茶道とご縁の深いタイで、茶籠を注文しにタイ

    王室御用達の竹かご専門店に行ってきた時の様子をレポートします。

     

    雑誌で特集されていた高度な伝統技術を使った道具を販売する

    「嘉門工藝」さんの「旅持ち茶籠」があまりに素敵だったので、同じ

    ものを注文しようと同門達と出向いたのです。

     

    嘉門工藝さんの商品はこちら。

    http://kamon.info/?product=%E6%97%85%E6%8C%81%E3%81%A1%E8%8C%B6%E7%B1%A0-%E4%B8%87%E7%A6%8F%E3%80%80-%E2%80%BB%E5%93%81%E5%88%87%E3%82%8C%E4%B8%AD-%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC

     

    Traditional Bamboo Hnadicraft Center

    ギャラリーには数々の竹籠商品が展示されており、どれも茶道

    のみならず他の用途にも使える、質の高いものばかり。

     

    茶籠にちょうど良い大きさで、シックな黒の籠。

    マンゴスチン型の籠は、和の小物とも相性が良さそうです。

     

    嘉門工藝さんで販売している茶籠と同じ色・柄のものもありました。

    雑誌やwebを見て注文された方がいるのかな?

     

    ギャラリーと工房を兼ねています。

    竹を下処理している様子。

     

    その後、繊維を細かくして干して、色づけ。

     

    一切機械は使わずに、全て手作業です。

    ひとつ籠を作るのに3ヶ月かかるとのこと。

     

    わたしは個人的に、夏の着物に合わせるべく籠バッグを注文

    しました。出来上がりがとっても楽しみ。

     

    和のお稽古、和の装いにぴったりの竹籠達。

    国は違えど、同じアジア人としての美意識や共通項にとても刺激

    され、伝統技術の大切さが身に沁みた1日でした。

     

    さて、この配信を最後に、産休のため年内いっぱいはブログ更新を

    お休みさせて頂きます。ちょっと気が早いですがよいお年を!

    また年明けにバンコクから日本の情報をお届けできることを楽しみ

    にしています。

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    ▼ LINE@を始めました ▼

     

    友だち追加で、ID「@xfy4285z」検索してください。

    (検索するときは、アットマークも入れてください)

     

    トークで繋がれると、1対1のご質問や雑談などができます。
    ワークショップ当日、迷子になられた際などのご連絡には、

    LINE@が迅速に対応できるかと思います。

     

    ▶友だち追加

     

    友だち追加数

     

    ▶QRコード

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    ▼でんみらのselect shop和傳十色屋▼
     

    https://waden10iroya.stores.jp/

     

    ほんぶちょおのDENMIRA BOOKS 写真集 、
    「どんぶり金魚」オススメ最適どんぶり、
    おうちで楽しむねりきりキット、
    でんみらの和茶 絶賛発売中♪

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

    ▼でんみら情報はこちらから▼

     

    facebookページ(いいね!を押してください♪)
    インスタグラム(フォローしてください♪)
    twitter(フォローしてください♪)
    ホームページ(チェックしてください♪)

    ・メルマガ登録(ご登録くださいね)
    ⇒mailmag@denmira.jp へ 件名に「メルマガ購読希望」と
    ご記入のうえ、メールアドレス/名前 をお知らせください。

     

    JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

    JUGEMテーマ:日本の文化

     

    ◆From バンコク | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    タイで温泉に入る

    0

      でんみらblogへようこそ!

      バンコク在住・伝統文化コーディネーターのちひろです。

       

      以前本ブログで、タイの地方に温泉旅行に出かけた記事

      アップしました。その時の温泉体験があまりにも気持ち

      良かったので忘れられず、また行きたいと思い続けて数ヶ月。。

      とはいえ、妊娠後期のわたしは、そう頻繁に旅行できないので

      遠出は諦めて、バンコク市内で温泉が楽しめる場所がないか探して

      みました。

       

      。。。ありました!それも家の近くに!

      その名も「湯の森」 日本の会社が経営しています。

      国道沿いの豪華なスーパー銭湯に来たかのような外観に、思わず

      引き寄せられるように中に入る、9ヶ月妊婦。

       

      しかも、お湯はタイの有名な霊泉「ワンカナイ寺院」の境内に湧く

      温泉を直送している、天然温泉というこだわり。これは期待大。

       

      早速施設の内部をご紹介します。

      日本人にとって全く違和感のない女湯のれん。

       

      後ろを振り向けば、素敵な中庭。

       

      手桶の使い方は、日本人以外が分からないようであまり使われていませんでした。

       

      期待の温泉。日本人が相当数来店することを見込んでか、日本語

      のアナウンスもありました。

       

      天然温泉、ソーダ(炭酸)の湯、寝湯など楽しめます。

      奥にはミストサウナも。完全に日本仕様!

       

      露天風呂、という響きにワクワクしましたが、普通にドアの外側に

      あるだけで、屋根はありました。雨季の長いバンコクではやむなし。

       

      周りの植物が、どことなく南国風です。

       

      タイの方は樽風呂がお好みのようで、ここに仲良し女子数人で

      入って楽しそうにおしゃべりしている姿を何組か見かけました。

       

      温泉の入り方を丁寧に説明してくれています。

      前回の温泉もそうでしたが、皆さん裸では入りません。

      スパで使う使い捨ての黒い下着が配られ、着用しています。

      うっかり裸で入ったわたしはあまりにじろじろ見られて、

      いたたまれない気分で着替えに出ました(涙)

       

      湯上りスペースにはカフェも設置されています。

      最近バンコクでは、日本語そのままの店名がオシャレらしく

      感じやカタカナの店名のお店をよく見かけます。

       

      なんと、メニューでおススメされていたのはお茶漬け。

      その他がっつりタイ料理も、もちろん多数ありました。

       

      お店ののれんが、また日本らしさをかもし出していていい雰囲気。

       

      お湯は想像以上に熱めだったので、天然温泉に入っているのは

      日本人と韓国人だけ。タイ人や欧米人、黒人はぬるめの水道水の

      お風呂(露天風呂や樽風呂、炭酸風呂)に入って、温泉の雰囲気を

      楽しんでいました。あー大満足!

      外国に来てこんなに楽しく手軽に温泉を体験できるとは、驚きです。

       

      親日国のタイに愛される温泉文化。近年日本旅行に出掛けるタイ人は

      「日本の温泉に入ってみたい」という目的で出掛ける方も多いそうです。

      日本の誇れる文化のひとつ、1人でも多くの外国人に試してみて欲しい

      と思います。

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

      ▼ LINE@を始めました ▼

       

      友だち追加で、ID「@xfy4285z」検索してください。

      (検索するときは、アットマークも入れてください)

       

      トークで繋がれると、1対1のご質問や雑談などができます。
      ワークショップ当日、迷子になられた際などのご連絡には、

      LINE@が迅速に対応できるかと思います。

       

      ▶友だち追加

       

      友だち追加数

       

      ▶QRコード

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

      ▼でんみらのselect shop和傳十色屋▼
       

      https://waden10iroya.stores.jp/

       

      ほんぶちょおのDENMIRA BOOKS 写真集 、
      「どんぶり金魚」オススメ最適どんぶり、
      おうちで楽しむねりきりキット、
      でんみらの和茶 絶賛発売中♪

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

      ▼でんみら情報はこちらから▼

       

      facebookページ(いいね!を押してください♪)
      インスタグラム(フォローしてください♪)
      twitter(フォローしてください♪)
      ホームページ(チェックしてください♪)

      ・メルマガ登録(ご登録くださいね)
      ⇒mailmag@denmira.jp へ 件名に「メルマガ購読希望」と
      ご記入のうえ、メールアドレス/名前 をお知らせください。

      JUGEMテーマ:ぶらり旅

      JUGEMテーマ:日本の文化

       

      ◆From バンコク | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

      バンコクで人気の回転寿司は、日本人の口に合うのか!?

      0

         

        でんみらblogへようこそ!
        バンコク在住・伝統文化コーディネーターのちひろです。

         

        日本は8月に台風の被害が相次いで心配していました。

        みなさまは夏休み、いかが過ごされたでしょうか?

         

        今回はバンコクで人気の回転寿司屋さんのレポートです。

         

        2013年に和食が無形文化遺産登録されましたが、バンコク

        在住がそろそろ2年になろうとしているわたしの目から見て

        も、日本食のお店はどんどん増えているのを肌で感じます。

         

        もともと在タイ邦人5万人と言われ、他の海外の都市に比べ

        日本食のお店は多かったバンコク。でもイメージは「高い」

        「駐在員が利用するお店」「気軽に入れない」といった、タイ

        人中間層から見ると、非日常なものでした。でも、最近増

        えて来ているのは、タイの中間層がふらっと入れるような

        価格帯のお店。

         

        何よりお寿司は高級外食の代名詞。タイの人が気軽に食べ

        られるようなお店はほとんどなかったのですが、アソーク

        のターミナル21という、若者達で賑わうショッピングモール

        にオープンした回転寿司が、1人300バーツ(≒1,000円)で

        満腹で大人気らしい!という噂を聞きつけ、友人家族と共に

        恐る恐る(?)食べに行って来ました。

         

         

        お店の名前は寿司エクスプレス。

        その名の通り、回転速度がやたら速いんです。涙

        写真が上手に撮れません。言い訳です。でもとにかくお客さんが

        多くて大繁盛している様子。

         

        冷房がキツいので、乾燥防止のためと思われるビニールカバーが

        かぶせてあり、ネタは見づらいです。手前がイクラ(まぁまぁ)

        奥はエンガワ(妙に水っぽい。解凍したばかり感が)

         

        穴子が4連続で出てきたり、とにかくネタにばらつきがあるのが

        悩み。夫はトロを試してみたいと言っていましたが、ついぞ回っ

        てこず。店員さんにも注文しましたが、「さっき握ったよ〜」という

        回答のみで、それなら回っている間にどこの誰が取っちゃうか分

        からないんですけど。。という疑問には答えてもらえず。涙

         

        そして予想通り!サビ抜きでした。

        ワサビは希望者が取って自分でつけるスタイル。

         

        まぁもちろんありますよね、デザートも。

         

        という訳で、途中から北海道出身の3人がネタについて「これは

        食べられる」「食べられない」という基準で判断を下し始める始末。

        日本人にとっては到底リピートするに足らないお店でしたが、

        若いタイ人カップルがデートで来ていたり、親子連れが大人数で

        楽しんでいる姿を見ると、高級料理の代表だったお寿司が、形も

        味も本物からは遠いものの、こうして庶民の食生活に馴染んで、

        日本を益々好きになってもらえるのはいい事だなぁ〜と思いました。

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         

        ▼でんみらのselect shop和傳十色屋▼
         

        https://waden10iroya.stores.jp/

         

        ほんぶちょおのDENMIRA BOOKS 写真集 、
        「どんぶり金魚」オススメ最適どんぶり、
        おうちで楽しむねりきりキット、
        でんみらの和茶 絶賛発売中♪

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         

        ▼でんみら情報はこちらから▼

         

        facebookページ(いいね!を押してください♪)
        インスタグラム(フォローしてください♪)
        twitter(フォローしてください♪)
        ホームページ(チェックしてください♪)

        ・メルマガ登録(ご登録くださいね)
        ⇒mailmag@denmira.jp へ 件名に「メルマガ購読希望」と
        ご記入のうえ、メールアドレス/名前 をお知らせください。

         

        JUGEMテーマ:和食全般

        ◆From バンコク | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

        タイで止まらない「焼き芋」ブーム!

        0

           

          でんみらblogへようこそ!
          バンコク在住・伝統文化コーディネーターのちひろです。

           

          7月に日本に一時帰国していた間、夏だというのに焼き芋

          食べる機会に何度か遭遇しました。

           

          わたしのイメージでは、秋になり肌寒くなってくると石焼き芋

          屋台のおじさんが現れたり、スーパーの軒先で甘くていい匂い

          を漂わせたブースが登場したり、寒い時期の食べ物だと思って

          いたので、個人的にビックリ。

           

          しかも品種は「紅はるか」ばかりが並んでいました。

          数年前まで焼き芋といえば「安納芋」が1番人気だと思っていた

          のに。これってブームなんでしょうか?

           

          実は、タイでは「日本の焼き芋」が大流行中なんです!!

          そして「紅はるか」も大流行中。スーパーの軒先でもご覧の通り。

           

          タイでは、サツマイモを蒸して食べる文化があり、路上の屋台

          でも巨大な蒸し器で、かぼちゃやとうもろこしと一緒に蒸した

          ものがすぐ食べられるように売られています。

           

          でも近年爆発的人気なのが、石焼き芋。蒸して食べるより糖度が

          増して美味しくなる!と甘いもの好きのバンコクっ子に大好評。

          また、サツマイモも日本の品種が大人気で、去年は高級スーパー

          でだけ売られていたのが、今年に入ってからは庶民派スーパーでも

          買えるように。確実に裾野が広がっています。

           

          また、売り方は日本にあるような、簡易的に石焼き芋を作る機械?

          と必ずセットになっています。い〜い匂いについ足を止めてしまう。

           

          また、バンコクでは新しい食べ物のため、焼き芋に対する固定

          観念がなく、日本では考えられないようなアレンジもされています。

           

          かき氷+焼き芋。

           

          ソフトクリームの焼き芋味。

          お団子+焼き芋餡。

          焼き芋スムージー。

           

          紅はるかの甘〜いねっとりした味は、スイーツに

          最適なようで、多種多様なバリエーションが。

           

          日本発祥の石焼き芋ですが、すっかりみんなの

          おやつとして浸透し、またスイーツフレーバー

          の代表格としても大進撃を遂げそうな予感です。

          これからどんな焼き芋味スイーツに巡り会えるか

          楽しみです!

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

          ▼でんみらのselect shop和傳十色屋▼
           

          https://waden10iroya.stores.jp/

           

          DENMIRA BOOKS 写真集 、
          「どんぶり金魚」オススメ最適どんぶり、
          おうちで楽しむねりきりキット、
          でんみらの和茶 絶賛発売中♪

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

          ▼でんみら情報はこちらから▼

          facebookページ(いいね!を押してください♪)
          インスタグラム(フォローしてください♪)
          twitter(フォローしてください♪)
          ホームページ(チェックしてください♪)

          ・メルマガ登録(ご登録くださいね)
          ⇒mailmag@denmira.jp へ 件名に「メルマガ購読希望」と
          ご記入のうえ、メールアドレス/名前 をお知らせください。

           

          JUGEMテーマ:和食全般

           

          ◆From バンコク | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

          日本に一時帰国していました

          0

             

            でんみらblogへようこそ!
            バンコク在住・伝統文化コーディネーターのちひろです。

             

            私事ですが、7月の1ヶ月間、1歳の娘を連れて日本に

            一時帰国していました。10ヶ月ぶりの日本だったので

            もはやすっかり外国人観光客目線で楽しみました。

             

            スーパーに並ぶお刺身の豊富さ&新鮮さに感激してみたり。

            銀座で和菓子屋さん巡りをしてみたり。あぁ母国最高!

             

            そして今回自分のインスタグラムで、1日1枚日本の好きなもの

            をアップして「#ญี่ปุ่น(イープン:タイ語で日本の意味)」

            のハッシュタグをつける、という試みを1ヶ月続けて、タイ人が

            日本のどのようなことに注目しているか、少し探ってみました。

             

            タイ人の好きな日本・そのー然・風景

            白糸の滝。

             

            京都丹後の舟屋。

             

            日本独自の自然や風景に魅かれるタイ人が多いようです。

            旅行代理店の現地法人社長とお話した際に、「タイ人は田舎が好き。

            風景の写真を撮りたがるお客様が多い」と言っていました。

             

            タイは南国なので、雨季乾季はありますが基本的に景色はずっと同じ。

            四季に富む日本で、変化のある風景が魅力的のようです。

             

            タイ人の好きな日本・その芸能人の旅

             

            タイの芸能情報にあまり詳しくはないのですが、タレントさん・

            俳優さんで日本が好きで年に何度も訪れている方、多いです。

             

            最近のタイのドラマや映画は、日本を舞台にしたものも多いので

            ロケ地として有名になっている場所も複数あります。

             

            タイ人の好きな日本・そのショッピング

            とにかく、日本でショッピングしたい!という女子は多いです。

            人気どころはスニーカーやドラッグストア関連。

             

            「小鼻の毛穴の汚れをねこそぎ取るパック」とか「足の裏に貼って

            一晩寝ると老廃物が取れるシート」とか、日本は世界で最も細かい

            要望に対応した商品が出回っている国だと思います。

             

            現在はanelloのリュックがとにかく大流行。

            輸入業者がインスタに新作の入荷情報を次々あげていますし

            日本に行ったら必ず買う!という人が多くいる様子。

            わたしも会社の従業員に、2つ買って来るよう頼まれました。

             

            SNSの浸透で、日本の情報は時間差なくタイ人もキャッチ

            しています。人口が減り、GDPも徐々に落ちてきている日本の

            経済を活性化させるのは、外国人によるインバウンドの力が

            大きいかもしれない、と切実に思う日本滞在でした。

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

            ▼今から申し込めるワークショップ【edoARTworkshop】

             

            ■8/27(土)

            江戸つまみかんざし職人に習う <福つまみ>で作る季節の髪飾り[初級+(プラス)]

            午前クラス 9:30 - 12:00 残席3席

            会場:浅草・かっぱ橋 はし藤 2F
            ▼詳細&お申込みはコチラ

            http://edoart0827am.peatix.com

             

            午後クラス 13:30 - 16:00 満席

            会場:浅草・かっぱ橋 はし藤 2F
            ▼詳細&お申込みはコチラ

            http://edoart0827pm.peatix.com

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

            ▼でんみらのselect shop和傳十色屋▼
             

            https://waden10iroya.stores.jp/

             

            DENMIRA BOOKS 写真集 、
            「どんぶり金魚」オススメ最適どんぶり、
            おうちで楽しむねりきりキット、
            でんみらの和茶 絶賛発売中♪

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

            ▼でんみら情報はこちらから▼

            facebookページ(いいね!を押してください♪)
            インスタグラム(フォローしてください♪)
            twitter(フォローしてください♪)
            ホームページ(チェックしてください♪)

            ・メルマガ登録(ご登録くださいね)
            ⇒mailmag@denmira.jp へ 件名に「メルマガ購読希望」と
            ご記入のうえ、メールアドレス/名前 をお知らせください。

             

            JUGEMテーマ:日本の文化

            ◆From バンコク | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -