denmira blog

でんみら(合同会社 日本伝統文化未来考案室)のblogです。
ワークショップ開催のお知らせ、開催報告、その他情報をお届けします。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

七十二候「菖蒲華」(あやめさく)

0

    でんみらblogへようこそ!

    伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

     

    6/26〜は、七十二候「菖蒲華」(あやめさく)です。

     

     

    意味は、そのままアヤメの花が咲くころという意味です。

     

     

    菖蒲という字は「アヤメ」とも「ショウブ」とも読みますよね。

    アヤメ、カキツバタ、ハナショウブの判別は、なかなか見分けがつきません。

     

    簡単に見分けるには咲く場所で判別することだそうで、

    アヤメは山野の草地に咲き、ショウブは水辺や湿地に咲きます。


    アヤメという和名は、

    葉が二列に並んでいる文目(あやめ)の意味からと、

    花の外花被の基部に綾になった目をもつことから名付けられたとも言われています。

     

     

     

     

     

    今後のワークショップスケジュールはコチラ

    ⇒ http://blog.denmira.jp/?eid=503

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    でんみらでは、

    インバウンド向けのプランのご提供もしております。


    【でんみらの強み】
    〇日本文化、伝統芸能・工芸関係の独自のネットワーク
    (講師、職人など)
    〇60件を超えるワークショップ開催実績
    (大手企業、大手旅行会社など)
    〇ご要望(予算、時間など)に合わせたこまやかな提案


    まずはご相談ください。

    info@denmira.jp


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     


    ▼ LINE@を始めました ▼

     

    友だち追加で、ID「@xfy4285z」検索してください。

    (検索するときは、アットマークも入れてください)

    トークで繋がれると、1対1のご質問や雑談などができます。
    ワークショップ当日、迷子になられた際などのご連絡には、

    LINE@が迅速に対応できるかと思います。


    https://line.me/R/ti/p/%40xfy4285z

     

     


    ▶友だち追加

    友だち追加数

     

     


    ▶QRコード

     

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     


    ▼でんみら情報はこちらから▼

     

    facebookページ(いいね!を押してください♪)
    インスタグラム(フォローしてください♪)
    twitter(フォローしてください♪)
    ホームページ(チェックしてください♪)

    ・メルマガ登録(ご登録くださいね)
    ⇒mailmag@denmira.jp へ 件名に「メルマガ購読希望」と
    ご記入のうえ、メールアドレス/名前 をお知らせください。

     

     

     

    JUGEMテーマ:風景

    JUGEMテーマ:伝統文化

    JUGEMテーマ:photo

    JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

    JUGEMテーマ:ぶらり旅

    JUGEMテーマ:日本の文化

     

    ◆季節の話題(6〜8月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    二十四節気「夏至」・七十二候「乃東枯」

    0

      でんみらblogへようこそ!

      伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

       

      6/21〜は、

      二十四節気「夏至」・七十二候「乃東枯」(だいとうかるる)です。

       

       

      1年の中で昼の時間が1番長くなる、「夏至」。

       

      この日を過ぎると夏本番と言われますが、

      今年は何だかすでに夏が来てしまっている感じがありますね。

       

      今も残る夏至に関する祭りがあります。


      三重県にある二見浦は、夏至の間だけ夫婦岩の間から朝日が昇ります。

      1年の中でもたった2ヶ月しか見ることのできない光景なんですって。


      毎年行われている「夏至祭」(げしさい)では、

      白装束に身を包んだ何百人の男女が祝詞を唱えつつ、海へと入り、

      夫婦岩の間から昇る朝日を浴びながら禊を行います。

       

      また、夏至の日の食べるものとしては、
      尾張地方の一部では、夏至の日に、無花果の田楽を食べる風習、
      大阪の一部では、タコを食す習慣、
      関東では、新小麦で餅を作りお供えする風習が今でも残っています。

       

      七十二候「乃東枯」(なつかれくさかるる)は、

      夏枯草(なつかれくさ)とは、「靱草」(うつぼぐさ)のこと。
      乃東(だいとう)はその古名になります。

       

      夏枯草は、
      冬至のころに緑の芽を出し、夏至のころに枯れる薬草だそう。

      ふつうは、春から初夏にかけて芽を出して満開になるので、
      ちょっと変わっていますよね?

       

      夏至を迎える今、
      夏枯草の咲いた花は黒ずみ枯れたように見えることから、
      このような七十二候になったそうです。

       

       

      今後のワークショップスケジュールはコチラ

      ⇒ http://blog.denmira.jp/?eid=503

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


      でんみらでは、

      インバウンド向けのプランのご提供もしております。


      【でんみらの強み】
      〇日本文化、伝統芸能・工芸関係の独自のネットワーク
      (講師、職人など)
      〇60件を超えるワークショップ開催実績
      (大手企業、大手旅行会社など)
      〇ご要望(予算、時間など)に合わせたこまやかな提案


      まずはご相談ください。

      info@denmira.jp


      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       


      ▼ LINE@を始めました ▼

       

      友だち追加で、ID「@xfy4285z」検索してください。

      (検索するときは、アットマークも入れてください)

      トークで繋がれると、1対1のご質問や雑談などができます。
      ワークショップ当日、迷子になられた際などのご連絡には、

      LINE@が迅速に対応できるかと思います。


      https://line.me/R/ti/p/%40xfy4285z

       

       


      ▶友だち追加

      友だち追加数

       

       


      ▶QRコード

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       


      ▼でんみら情報はこちらから▼

       

      facebookページ(いいね!を押してください♪)
      インスタグラム(フォローしてください♪)
      twitter(フォローしてください♪)
      ホームページ(チェックしてください♪)

      ・メルマガ登録(ご登録くださいね)
      ⇒mailmag@denmira.jp へ 件名に「メルマガ購読希望」と
      ご記入のうえ、メールアドレス/名前 をお知らせください。

       

       

       

      JUGEMテーマ:伝統文化

      JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

      JUGEMテーマ:日本の文化

      JUGEMテーマ:風景

       

      ◆季節の話題(6〜8月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

      6/16は厄除けと招福を願う『嘉祥の日』

      0

        でんみらblogへようこそ!

        伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

         

         

        6/16は、嘉祥(かじょう)の日です。

         

        この日に和菓子を食べると、災いをはらって福を呼ぶといわれます。

         

        これは平安時代に始まり明治頃で廃れてしまいますが、

        全国和菓子協会が、1979年に制定した「和菓子の日」として復活します。

         

        元々は、平安時代の848年に、

        仁明天皇が16個の菓子・餅などを神前にお供えし、疫病を除けや

        健康招福を願った「嘉祥の祝い」がはじまり…など、

        起源は諸説あります。

         


        豊臣秀吉が「嘉祥の祝」を恒例としていたり、

        江戸時代には、

        「嘉祥頂戴」と称し、徳川幕府は大広間に2万個を超えるお菓子を並べ、

        大名・旗本へ賜る行事が行われていたとか。

         

        それを真似て、庶民の間でも「嘉祥喰」という十六文でお菓子やお餅

        を買って食べる風習が広まったそうです。

         

         

        和菓子づくり体験してみませんか?

         

        でんみらでは、7月、8月と和菓子づくりを体験できるワークショップを

        企画しています。ただ今、ご参加者募集中。

         

        鳥居 満智栄の恋する和菓子づくり〜7月編

        日程:7/1(土)13:30〜15:30

        会場:かっぱ橋道具街 はし藤本店 2F

        内容:

        夏にぴったりな「うちわ」とお好みで「自由創作」づくりを

        お楽しみいただけます。お子さまからご参加いただけます。

        全部で4つ作り、ひとつはでんみらの和茶の冷茶とあわせて会場

        で試食。3つはお持ち帰りいただけます。

        【詳細&お申込み】

        http://edoart0701.peatix.com

         

         

         

        御菓子司にならう

          季節を彩る 金魚と桔梗の和菓子づくり

        日程:8/20(日)14:30〜16:30

        会場:新宿伊勢丹会館5F OTOMANA

        内容:

        季節を彩る和菓子「金魚」と「桔梗」のねりきり2種×2つ と

        自由創作1つ。ぜんぶで5つ、お作りいただきます。

        50年以上の経歴を持つ菓子職人が指導します。

        職人の技を身近で見て・体験して・味わえうワークショップです。

        【詳細&お申込み】

        http://otomana0820.peatix.com

         

         

         

        ◎7月のワークショップ・スケジュールはこちら

        ⇒ http://blog.denmira.jp/?eid=503

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


        でんみらでは、

        インバウンド向けのプランのご提供もしております。


        【でんみらの強み】
        〇日本文化、伝統芸能・工芸関係の独自のネットワーク
        (講師、職人など)
        〇60件を超えるワークショップ開催実績
        (大手企業、大手旅行会社など)
        〇ご要望(予算、時間など)に合わせたこまやかな提案


        まずはご相談ください。

        info@denmira.jp


        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         


        ▼ LINE@を始めました ▼

         

        友だち追加で、ID「@xfy4285z」検索してください。

        (検索するときは、アットマークも入れてください)

        トークで繋がれると、1対1のご質問や雑談などができます。
        ワークショップ当日、迷子になられた際などのご連絡には、

        LINE@が迅速に対応できるかと思います。


        https://line.me/R/ti/p/%40xfy4285z

         

         


        ▶友だち追加

        友だち追加数

         

         


        ▶QRコード

         

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

         


        ▼でんみら情報はこちらから▼

         

        facebookページ(いいね!を押してください♪)
        インスタグラム(フォローしてください♪)
        twitter(フォローしてください♪)
        ホームページ(チェックしてください♪)

        ・メルマガ登録(ご登録くださいね)
        ⇒mailmag@denmira.jp へ 件名に「メルマガ購読希望」と
        ご記入のうえ、メールアドレス/名前 をお知らせください。

         

         

         

         

        JUGEMテーマ:和菓子が好き

        JUGEMテーマ:伝統文化

        JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

        JUGEMテーマ:日本の文化

        JUGEMテーマ:和食全般

        JUGEMテーマ:日本茶

         

        ◆季節の話題(6〜8月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

        二十四節気「芒種」(ぼうしゅ)・七十二候「蟷螂生」(かまきりしょうず)

        0

          でんみらblogへようこそ!

          伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

           

          今日・6/5からは、

          二十四節気「芒種」(ぼうしゅ)七十二候「蟷螂生」(かまきりしょうず)です。

           

           

          芒種は、梅雨入り前の昔の田植えの時期にあたり、

          農家では忙しさを極める頃でした。

          また、これまでの初夏らしさから蒸し暑さを感じ、

          雨が絶え間なく降り始める梅雨入りの頃となります。

           

          蟷螂生は、そのまんま…カマキリが生まれる頃という意味です。

          今年もそろそろ夏虫たちの出番ですね。

           

          夏虫といえば、

          やっぱりこの時期は蛍でしょうか。

           

           

           

          ◎7月のワークショップ・スケジュールはこちら

          ⇒ http://blog.denmira.jp/?eid=501

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


          でんみらでは、

          インバウンド向けのプランのご提供もしております。


          【でんみらの強み】
          〇日本文化、伝統芸能・工芸関係の独自のネットワーク
          (講師、職人など)
          〇60件を超えるワークショップ開催実績
          (大手企業、大手旅行会社など)
          〇ご要望(予算、時間など)に合わせたこまやかな提案


          まずはご相談ください。

          info@denmira.jp


          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           


          ▼ LINE@を始めました ▼

           

          友だち追加で、ID「@xfy4285z」検索してください。

          (検索するときは、アットマークも入れてください)

          トークで繋がれると、1対1のご質問や雑談などができます。
          ワークショップ当日、迷子になられた際などのご連絡には、

          LINE@が迅速に対応できるかと思います。


          https://line.me/R/ti/p/%40xfy4285z

           

           


          ▶友だち追加

          友だち追加数

           

           


          ▶QRコード

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           


          ▼でんみら情報はこちらから▼

           

          facebookページ(いいね!を押してください♪)
          インスタグラム(フォローしてください♪)
          twitter(フォローしてください♪)
          ホームページ(チェックしてください♪)

          ・メルマガ登録(ご登録くださいね)
          ⇒mailmag@denmira.jp へ 件名に「メルマガ購読希望」と
          ご記入のうえ、メールアドレス/名前 をお知らせください。

           

           

           

          JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

          JUGEMテーマ:日本の文化

          JUGEMテーマ:伝統文化

          JUGEMテーマ:風景

          JUGEMテーマ:photo

          ◆季節の話題(6〜8月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

          7/19(火)〜8/6(土)夏土用。

          0

            でんみらblogへようこそ!
            伝統文化コーディネーターの下藤です。

            「土用の丑」の話題が、
            今年もそろそろ聞かれる頃となりましたね。

            2016年の「土用の丑の日」は、7/30(土)です。
            ちょうど隅田川の花火大会の日ですね。
            (うなぎ+花火なんて…いいかも!?…妄想しちゃいますっ。)

             

            ↑この写真は、うなぎもどき

            (うなぎもどきについは、http://blog.denmira.jp/?eid=331から)

             

             

            2016年の夏土用の期間は?

             

            今年の夏土用は、7/19(火)〜8/6(土)まで。
            土用入りが7/19で、土用明けが8/6となります。
            そうそう。
            ちょっと面白い占いがあるんです。
            夏土用に入って3日目のお天気占い
            晴れれば豊作、雨が降れば凶作といわれています。
            この豊凶占いのことを土用三郎(どようさぶろう)といいます。
            ※この他に梅雨太郎、八専二郎、寒三郎があり、
             農家の四厄日に数えられていました。

             

             

            土用の由来

             

            土用は、陰陽五行思想(ごぎょうしそう)に由来します。

             

            五行思想とは、

            万物は木・火・土・金・水の5つの元素から成り立つとするもので、

            五行説(ごぎょうせつ)ともいわれます。

             

            五行を四季に当てはめ、

            各季節に入る前の約18日間を「土」としたんです。

             

            木 … 春
            火 … 夏
            土 … 季節の変わり目
            金 … 秋
            水 … 冬

             

            土用は本来、「土旺用事(どおうようじ)」、「土王用事」といいます。

            土の気が旺(さかん)になる時期で、

            土公神(どくしん)という土の神様が支配する期間とされています。

             

            古い歴注書には、

            「土を犯し殺生を忌む」とあり、

            土に触る数々のことが凶となりました。

             

            なかなか長いこの期間。

            ですが、

            土用であっても間日(まび)であれば問題ないとされています。

            それは、

            文殊菩薩の計らいで土公神が清涼山に集められるので、

            祟りがないんだそうです。

             

            【間日】

            春土用 − 巳・午・酉の日
            夏土用 − 卯・辰・申の日
            秋土用 − 未・酉・亥の日
            冬土用 − 寅・卯・巳の日

            土用にしない方が良いこと

             

            土にまつわること全般になります。

             

            ×ガーデニング
            ×農作業
            ×草刈
            ×建設・土木・リフォーム
            ×引越し

            ×旅行
            ×アウトドア
            ×新規のこと
            ×大きな買い物(食料品や消耗品は除く)
            ×暴飲暴食

             

             

            土用にしたら良いこと

             

            わたしのオススメは、丑湯
            丑湯とは、今でいうところの、ハーブ・バスです。
            現代のように毎日の入浴が当たり前でなかった江戸時代、
            夏バテ予防や疲労回復のために薬草を入れた「丑湯」は特別なものでした。
            この時期、シャワーで済ましてしまうことも多いと思いますので、
            ぜひ、丑湯を試してみませんか?
            丑湯にオススメなのが、柿の葉、ドクダミ、桃の葉、緑茶です。
            そのほか、
            ◎休息
            ◎湯治
            ◎土用干し(虫干し)
            ◎暑中お見舞いを出す
            ◎整理整頓・掃除
            ◎「う」のつく食べ物を食べる

             

            土用の食養生

             

            うなぎが有名ですが、

            この時期は、猛暑の頃で昔から食養生の習わしがありました。

             

            うなぎの他に、

            土用餅、土用しじみ、土用卵などがあります。

             

            胃腸をいたわる食事がオススメです。

            そして、腹八分目を心掛けたいですね。

            【夏の食養生にオススメの食材】
            ・にが瓜・きゅうり・冬瓜・なんきん・ピーマン・もやし
            ・枝豆・インゲン・とうもろこし・茄子・トマト・オクラ
            ・にんにく・らっきょう・みょうが・しょうが・しそ
            ・はと麦・玄米・小豆
            ・すいか・もも・梅・さくらんぼ・あんず・びわ
            ・メロン・パイナップル・キウイ・ブルーベリー・バナナ
            ・うなぎ・穴子・あじ・しじみ・たこ・いか

             

             

             

            ぜひ、参考にしてみてくださいね。

             

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

            ▼今から申し込めるワークショップ【edoARTworkshop】

             

            ■7/23(土)11:15〜13:00
            寺町 谷中で体験する 涼香と和の形を楽しむお香づくり
            会場:作れる雑貨店 う布ふカフェ
            ▼詳細&お申込みはコチラ
            http://edoart0723.peatix.com

             

            ■8/27(土)

            江戸つまみかんざし職人に習う <福つまみ>で作る季節の髪飾り[初級+(プラス)]

            午前クラス 9:30 - 12:00

            会場:浅草・かっぱ橋 はし藤 2F
            ▼詳細&お申込みはコチラ

            http://edoart0827am.peatix.com

             

            午後クラス 13:30 - 16:00

            会場:浅草・かっぱ橋 はし藤 2F
            ▼詳細&お申込みはコチラ

            http://edoart0827pm.peatix.com

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

            ▼でんみらのselect shop和傳十色屋▼
             

            https://waden10iroya.stores.jp/

             

            DENMIRA BOOKS 写真集 、
            「どんぶり金魚」オススメ最適どんぶり、
            おうちで楽しむねりきりキット、
            でんみらの和茶 絶賛発売中♪

             

            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

             

            ▼でんみら情報はこちらから▼

            facebookページ(いいね!を押してください♪)
            インスタグラム(フォローしてください♪)
            twitter(フォローしてください♪)
            ホームページ(チェックしてください♪)

            ・メルマガ登録(ご登録くださいね)
            ⇒mailmag@denmira.jp へ 件名に「メルマガ購読希望」と
            ご記入のうえ、メールアドレス/名前 をお知らせください。

             

             

             

            JUGEMテーマ:伝統文化

            JUGEMテーマ:日本の文化

            JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

            JUGEMテーマ:和食全般

            ◆季節の話題(6〜8月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -