denmira blog

でんみら(合同会社 日本伝統文化未来考案室)のblogです。
ワークショップ開催のお知らせ、開催報告、その他情報をお届けします。
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

二十四節気「雨水」(うすい)・七十二候「土脉潤起」(つちのしょううるおいおこる)と運気UP術

0

    でんみらblogへようこそ!

    伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

     

    明日・2/19(火)〜は、二十四節気「雨水(うすい)
    七十二候「土脉潤起」(つちのしょううるおいおこる)です。

     


    雨水とは、
    今までに降り積もった雪が溶け始めて水となり、
    雪が雨に変わって降るという意味です。
     

    昔から農作業の準備の目安とされていたそうですよ。
     

    そして土脉潤起も、
    雨が降って、凍てついた大地が湿り気を含んでくる頃
    という意味です。
     

    ということは、乾燥から解放され始めるといことで、
    わたしを含めて女性陣のみなさまはちょっぴり嬉しくなるのではないでしょうか。

     

     

    さて、
    今回のふだんを楽しむ〜七十二候の運気UPアイテムは…
     

    ◎ひな人形


    ひな祭りの由来には水が関係しているので、
    この日にひな人形を飾り始めると、良縁に恵まれる言われます。


    草木が芽吹くように、「良いご縁」が芽吹くといった説もあるようです。


    良縁にめぐまれたいみなさま、
    ぜひ、この時期に、ひな人形に関わるものを用意してみてくださいね。

     

     

     

     

    ご参加者募集中のワークショップ・スケジュールは

    コチラから  https://denmira.peatix.com/ から

    ご覧いただけます。

    募集開始となり次第、随時こちらにUPしています。

     

    ご質問やご不明点は、でんみらのLINE@で受け付けています。

     

    ▼ でんみらのLINE@ ▼ 

    友だち追加で、ID「@xfy4285z」検索してください。

    (検索するときは、アットマークも入れてください)
    トークで繋がれると、1対1のご質問や雑談などができます。

    急ぎのご連絡には、LINE@が便利です。

     https://line.me/R/ti/p/%40xfy4285z

     

     

     

    JUGEMテーマ:和の手芸教室

    JUGEMテーマ:和菓子が好き

    JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

    JUGEMテーマ:日本の文化

    JUGEMテーマ:伝統文化

    JUGEMテーマ:和食全般

    JUGEMテーマ:着物 きもの

    JUGEMテーマ:暦のこと

    JUGEMテーマ:風景

     

     

    ◆季節の話題(12月〜2月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    七十二候「魚上氷」(うおこおりをいずる)と運気UP術

    0

      でんみらblogへようこそ!

      伝統文化コーディネーターの下藤です。

       

      今日・2/14(木)〜は、

      七十二候「魚上氷」(うおこおりをいずる)です。

       

       

      水がぬるみ、割れた氷の間から魚が飛び跳ねる頃という意味です。

       

      ところで、
      2/14はバレンタインデーでしたね。

       

       

      バレンタインデーの発祥は、実はイタリアなんですって。
      諸説あるようですが、古代ローマの時代まで遡ります。

      日本では、1936年2月12日付で、
      東京で発行されていた英字新聞に
      「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」
      と掲載されたのが、

      最も古い“バレンタインデーにはチョコを”の広告なんですって。

       

      今年はルビーチョコレートなるものが新しく登場しているそうです。

       

      何はともあれ、

      さりげなく、日頃の感謝の気持ちを伝えることができて、

      良い日だな〜って、わたしは思っています。

       

      みなさまは誰にどんなチョコをあげましたか???

       

       

      さて。

      今回のふだんを楽しむ〜七十二候の運気UPアイテムは…

       

      ◎いちご

       

      いちごは、江戸時代末期にオランダから伝わってきました。

       

      今では様々ないちごの種類がありますが、いちごには、

      疲労回復、免疫力向上、美肌にもよいと言われますよ。

       

      ぜひ、この時期は積極的に摂取して、

      春を感じて跳ねるお魚のように運気UPしていきましょう♪

       

       

       

      【法人の皆さまへ】

      でんみらでは、様々な先生方とのコネクションを強みに、

      日本の伝統文化を伝えるワークショップのご提供を行っています。

       

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        
        でんみらでは、

      インバウンド向けのプラン、修学旅行生受入れプランもご提供もしております。

        
        【でんみらの強み】   
        〇日本文化、伝統芸能・工芸関係の独自のネットワーク   
        (講師、職人など)   
        〇160件を超えるワークショップ開催実績   
        (大手企業、大手旅行会社など)   
        〇ご要望(予算、時間など)に合わせたこまやかな提案

        
        まずはご相談ください。

      info@denmira.jp

        
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

      お問合せはでんみらのLINE@でお気軽にどうぞ。

        
        ▼ LINE@はじめました ▼

       

      友だち追加で、ID「@xfy4285z」検索してください。

      (検索するときは、アットマークも入れてください)

      トークで繋がれると、1対1のご質問や雑談などができます。   
        ワークショップ当日、迷子になられた際などのご連絡には、

      LINE@が迅速に対応できるかと思います。

        
        https://line.me/R/ti/p/%40xfy4285z

       

      JUGEMテーマ:和菓子が好き

      JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

      JUGEMテーマ:日本の文化

      JUGEMテーマ:伝統文化

      JUGEMテーマ:和食全般

      JUGEMテーマ:和の手芸教室

      ◆季節の話題(12月〜2月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

      いちご狩り行きたい気分。

      0

        でんみらblogへようこそ!
        伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

         

        この時期。
        いちご狩りに行きたい気分が、何年かに一度やってきちゃいます。


         

        ということで、

        いちごの歴史について紐解いてみます。


        日本にいちごがやってきたのは、江戸時代の末期頃。
        オランダからやってきたんだそうです。

         

        最初は、

        真っ赤な実をつける姿に驚いて、食用より観賞用だったとか。

         

        明治になり、

        『御苑いちご』『御料いちご』として、皇室用の栽培が始まります。


        「とちおとめ」、「あまおう」、「紅ほっぺ」など、聞きなじみのある品種のルーツは、

        明治の時期に、新宿御苑で作り出された「福羽イチゴ」につながるんですって。

         

        いちごがわたしたちの身近になったのは、

        ビニールハウス栽培が盛んになった昭和になってからのこと。

         

        忘れていましたが、確かにそうですね。

         

        この時期に、

        いちごフェスティバル的に食べられるようになったのは、

        実は最近だったんだなぁとしみじみ思い返してみたりしています。

         

        最近のいちご業界のトレンドは、

        深紅のダイヤモンドではないホワイトで甘いいちごなんだそう。

         

        みなさまはどんないちごがすきですか?

         

         

         

         

         

        JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

        JUGEMテーマ:日本の文化

        JUGEMテーマ:伝統文化

        JUGEMテーマ:和の手芸教室

        JUGEMテーマ:着物 きもの

        JUGEMテーマ:暦のこと

        JUGEMテーマ:ぶらり旅

        JUGEMテーマ:風景

        JUGEMテーマ:盆栽

         

        ◆季節の話題(12月〜2月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

        七十二候「黄鶯睍察廖覆Δ阿い垢覆)と運気UP術

        0

          でんみらblogへようこそ!
          伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

           

          東京では、今冬初の積雪となりましたね。
          みなさま、今日はどうしているのかな?

           

           

          今日・2/9(土)〜は、七十二候「黄鶯睍察廖覆Δ阿い垢覆)です。

           

          ウグイスが美しい声で鳴き始める頃、という意味です。

           

           

          我が家には梅の木の古木と小梅の木があるので、毎年ウグイスがやってきます。

           

          今年は敷地の一番南にある小梅が花開いてきました状態で、

          梅の花の香りが少し感じられてきました。

          ウグイスは、まだ見かけていないです。

           

          里に下りてきたウグイスは、

          最初は「チッチ」としか鳴けないのですが、

          そのうちに、「ホーホケキョ。ケキョケキョケキョ…。」と

          澄んだ綺麗な声を聴かせてくれるので、毎年楽しみにしています。

           

          今年はいつ頃来てくれるかな〜?

           

           

          さて。

          今回のふだんを楽しむ〜七十二候の運気UPアイテムは…

           

          ◎五辛(ごしん)を取り入れる

           

          仏教では禁葷食(きんくんしょく)にあたりますが、

          昔の中国では、立春の時期に、ニンニク、タマネギ、ネギ、ニラ、

          ラッキョウなどを食べる風習がありました。

           

          五辛の野菜には体を温め、五臓六腑を活性化する力があると言われています。

          生姜、からし菜、パクチーなども、OKですよ。

           

          もし、なんとなく、

           

          ✔ からだに冷えが入り込んでいるような気がする…

          ✔ 寒くてやる気が出ず、ダラダラしてしまいがち…

          ✔ 身体がどーんと重くて、血流がよどみがちな気がする…

           

          こんな症状がある方にはぜひオススメします。


          四季の巡りにおいて、年のはじめに相当するのが立春です。

           

          体調を整えて快適に過ごすコツは立春にあるといっても過言ではないですから、

          今の時期は、積極的に「五辛」の野菜を取り入れて気血の巡りを良くして、

          春を迎える準備をしていきましょう。

           

           

           

           

           

          JUGEMテーマ:日本の文化

          JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

          JUGEMテーマ:和食全般

          JUGEMテーマ:着物 きもの

          JUGEMテーマ:和の手芸教室

          JUGEMテーマ:暦のこと

          JUGEMテーマ:日本茶

          JUGEMテーマ:風景

          JUGEMテーマ:和菓子が好き

          ◆季節の話題(12月〜2月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

          二十四節気「立春」・七十二候「東風解凍」と運気UP術

          0

            おはようございます。

            でんみら 代表社員 & 伝統文化コーディネーターの下藤 裕子です。

            今日・2/4〜は、二十四節気「立春」、七十二候「東風解凍」(はるかぜこおりをとく)です。

             

            立春は旧暦の正月にあたり、冬から春に移る時節となります。

            そして、七十二候の「東風解凍」ですが、 東から風が吹き始め、厚い氷を溶かし始める時節という意味です。

             

            今日は、 日中は4月並みの暖かさになるとか???

             

            わたしの個人的な感覚なのですが、 立春を迎えるころから毎年花粉症の症状が出始めるんです。

            今年も始まった感じがしています…涙 花粉症のみなさまは、いかがですか?

             

             

            1月のスタートをうまくきれなかったら、 旧暦の正月にあたる今日から気持ちをもう一度切り替えて、仕切り直ししていくのがおすすめです。

             

            ということで。

            今回のふだんを楽しむ〜七十二候の運気UPアイテムは…

             

            ◎日本酒

             

            「立春朝搾り」というお酒があるのをご存じですか?

             

            節分の夜からもろみを搾り、立春に搾りあがる生原酒のこと。

             

            「原酒」とは加水調整しないもの

            「生酒」とは加熱処理しないもの

             

            この2点のどちらもしないものを生酒+原酒=生原酒になります。

             

            ずばり、フレッシュなお酒ですから、 飲み方はオンザロックでくい〜っといくのが良いそうですよ。

             

            日本酒には美肌にうれしい成分がたくさん入っているともいわれますし、 ぜひ適量を、楽しく飲んで運気をUPにつなげていきましょう♪

             

             

             

             

             

            JUGEMテーマ:日本の文化

            JUGEMテーマ:伝統文化

            JUGEMテーマ:和食全般

            JUGEMテーマ:暦のこと

            JUGEMテーマ:風景

            JUGEMテーマ:習い事・資格・講座

             

            ◆季節の話題(12月〜2月) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -